「相手があるから、自分もある」

努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。 

稲盛和夫さんの名言集を紹介します。

京セラ株式会社の創業者として知られる実業家「稲盛和夫」の名言 第3集をお楽しみください。

稲盛和夫の名言集

商いとは、 信用を積み重ねてゆくことです。
事実、私たちを信じてくれるお客様が増えていきますと、ビジネスにも多くを期待できるようになるのです。

私は、まだこれ以上のものがあると思っています。
もちろん信用は不可欠です。
いい品物を安く、正確な納期で、そして素晴らしい奉仕の精神でお客様に提供することで、信用は得られます。

しかし、もし売る側に高い道徳観や人徳があれば、信用以上のものが得られるのです。

お客様から「尊敬」されるようになるのです。
私は、商売の極意とは、お客様の尊敬を得ることだと思います。
お客様から尊敬されれば、たとえ、ほかの会社が安い価格を提示しても買ってくださるでしょう。 

徳性があるということは、優れた価格、品質、納期などを提供すること以上のものを意味するのです。 

ビジネスをする人間が身につけるべきは「哲学」なのです。
言い換えれば、人を自然に敬服させる器量なのです。
この資質を身につけることを学ばなければ、
大きな事業を進めることはできません。 

お客様の尊敬を得ることが、長期にわたる事業の成功につながるのです。
人生はひとつひとつの判断の集積で形づくられていきます。
ですから常に正しい判断ができるようになれば、素晴らしい人生を送ることができるのです。  

正しい判断ができるようになるためには「ものさし」となるべき、誠実な人生哲学を持たなければなりません。

その哲学とは「人間として何が正しいか」
に基づくもので、公正、正義、やさしさ、思いやり、調和、誠実さなどの言葉で、表わされるものを含んだものであるべきです。 

このような人生哲学を、毎日の判断の「ものさし」としていくべきです。
「相手があるから、自分もある」という日本古来の考え方があります。

昔の日本人は、自分は全体の一部と認識していたのです。
この考え方は、今でも集団の調和を保ち、協調を図ることができる唯一の考え方だと思います。 

何よりも大切なことは、強さと勇気、意志力です。
崇高な目的のためには、自分の命を賭けるくらいの気構えがなければ、決して人を動かせるはずもなく、偉大な改革などできる訳がないのです。


出典
地球の名言
http://earth-words.org/archives/3906


0コメント

  • 1000 / 1000