5秒のルール

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
ミナト ジョーです。

何か、やらなければいけない事、後回しにしてませんか?

例えば、久しぶりに友人を食事に誘うとなった場合。

あと5分したら電話しよう、、、

5分経過。

いや、あと30分したら、、、

30経過。

いや、あと1時間、、、

結局、電話するのが面倒になって、誘うのやめたって経験ありませんか?

僕は良くあります。

昨日もこんな事がありました。
家でやらなければいけない仕事があったんです。
夕食後、それをする予定でした。

あと3分した始めよう、、、

あと30分したら、、、

💤💤💤

結局、寝てしまいました(笑)

これはあかん!と思い、
何か良い方法ないかな?と探していたら、良い方法見つけたんです!

5秒のルール

発案者はメルロビンスさんです。

元ニューヨーク州の弁護士。彼女の転職も夫の起業も上手くいかなかった。家計と夫婦の危機にはアルコールでストレスをまぎらわす毎日。それが2009年、41歳の彼女。

あるときロケットの発射シーンを見て、「5からカウントダウンして朝すぐに起床する」ことをひらめき、実行に移してみた。

そこからすべてが始まりました。行動から自信が生まれ、人生が好転し始め、ついには2011年にはサンフランシスコのTEDxで講演するほどになりました。

5秒のルールとは。
何か、やらなければいけない事があった場合、5秒以内に行動するルールを作ります。

5秒以内です。

5秒すぎると脳が言い訳を始めます。
本当です!

「あと3分したらやろうよ」とか、、

「疲れたから明日にしない?」とか、

「無理だよ、もうやめよう」とか、、
脳が言い訳を始めます。

脳が言い訳を始めると、絶対に脳に勝てません。

脳を簡単に3つに分けると、

爬虫類の脳、哺乳類の脳、人間の脳、
となります。

爬虫類の脳、、、生きる為の脳。

哺乳類の脳、、、感じる為の脳。

人間の脳、、、、考える為の脳。

強さで表すと、

人間の脳<哺乳類の脳<爬虫類の脳

1番強いのは、生きる為の爬虫類の脳になります。

言い訳を始めるのは、爬虫類の脳です。爬虫類の脳は生きる為の脳。  

爬虫類の脳は、余計な事はなるべく避けたいのです。
生きる為の脳ですから。

強さは爬虫類の脳が1番なので、爬虫類の脳の命令には勝てないのです。

じゃあ、どうすればいい?

メルロビンスさんはこう言っています。

着想から5秒でアイデアの生死はわかれる
もうひとつ使えるもの、私は「5秒ルール」と呼んでいます。人間の頭は、人の表情を33ミリ秒で判断することができます。かなり速く働きますよね。

もうひとつ速くできることは、もし何かやりたい衝動があっても、それを5秒以内に行動に移さなければ、緊急ブレーキを作動させるということです。

そしてそのアイディアは死んでしまいます。立ち上がり、バンドが演奏している間に踊りたいという衝動があっても、5秒以内にそれをしなければ、緊急ブレーキを引いてしまうのです。

もし今日誰かのスピーチを聞いて、何かをしようという衝動にかられてら、5秒以内に、ノートをとる、自分にメールを送るなど、実際に何か行動をしなければ、緊急ブレーキを引いてしまいアイディアを殺してしまいます。問題はアイディアではないのです。問題は実際に行動しないということです。あなたがそれを殺してしまうのです。

5秒以内に行動する 

爬虫類の脳が機能し始めるのは、5秒後だそうです。
爬虫類の脳が、機能し始める前に行動する。

これを習慣化すれば、人生が変わってきます。
人生は習慣で作られていますから。

P.S.
あなたは、爬虫類の脳に支配されてはいませんか?












0コメント

  • 1000 / 1000