心のコップの向きを変える方法

心のコップ

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
ミナト ジョーです。

原田メゾットでおなじみの原田先生の話をシェアします。

私は、人は2種類だと考えている。
それは、「心のコップが上を向いているか、下を向いているか」ということである

心にはコップがある。

心のコップが上を向いている人は、周りの人の話や学んだ内容や自分に起きた良い事も悪い事も水を注ぐがごとくに、そのコップにどんどんと注いでいく。

コップが上を向いている人は、
生き方や態度・考え方が素直で、
前向きで、真剣だ。

反対に、心のコップが下を向いている人もいる。
こういった人たちは、
周りの人のせっかくのアドバイスも耳に入らない。
下を向いたコップに
水を注いでもこぼれるのと同じで、
自分に起きたよいことも悪いことも、
吸収できないのだ。
いつも何かに対して不満を持っていて考え方が後ろ向きで、やる気が持てない。

「心のコップが上向きか、下向きか」

この2種類の人間について最も特徴的な差は、「結果に対しての考え方」に表れると私は考えている。

心のコップが下を向いている人は、
結果に対して「どうせ自分には無理だった」
と、自分の「能力不足」を嘆く。
つまりは「他貴の念」である。

一方、心のコップが上を向いている人は、たとえ結果が自分の願った通りでなかったとしても、
「自分がもっとこうすればよかったのだ」

と自分の「努力不足」を反省する。
つまり「自貴の念」を持つということである。

「心のコップ」は、
このように、その人の考え方や感じ方といういわば生き方全般に影響を与えるものである。
P.S.
大人になるに連れ、コップの向きも下向きになってきます。
コップの向きを上向きに変える方法、
それは、、、
素直になる事です!

0コメント

  • 1000 / 1000