役に立つことわざ!ま行

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
職業はドリーマー!ミナジョーです。

テクノロジーが進化する社会。
でも最近、ことわざに生きてくうえで、大切な知恵が沢山あることを知りました。
「大切なこと」って今も昔も変わらない。
役に立つことわざを載せていきます。

【ま行】

●馬子にも衣装(まごにもいしょう)

どんな人でも、身なりを整えれば立派に見えるということ。
 

●ミイラ取りがミイラになる(みいらとりがみいらになる)

ミイラを取りに行ったはずなのに、目的を果たせず自分もミイラになってしまったことから、人を連れ戻しに行ったはずなのに、その場にとどまってしまうこと。
 

●耳が痛い(みみがいたい)

欠点や弱点を指摘されて聞いているのがつらいこと。
 

●昔取った杵柄(むかしとったきねづか)

若い頃に身に着けた技術や腕前は、年をとっても体が覚えている、衰えないこと。
 

●名馬に癖あり(めいばにくせあり)

優れた才能を持っているものほど、個性的な癖を持っている。
 

●目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)

今までわからなかったことが、急に理解できるようになること。
 

●目には目を(めにはめを)

自分が害を受けたら、それと同じ方法で復讐すること。
 

●餅は餅屋(もちはもちや)

餅は餅屋がついたものが一番おいしいことから、何事もその専門家に任せるのが一番というたとえ。
 

●桃栗三年柿八年(ももくりさんねんかきはちねん)

実を結ぶまで桃と栗は三年、柿は八年かかることから、何事も成しえるまで時間がかかるということ。

0コメント

  • 1000 / 1000