名君家訓

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。
室 鳩巣(むろ きゅうそう)
生誕:万治元年2月26日(1658年3月29日)
死没:享保19年8月12日(1734年9月9日)
 
江戸時代中期の儒学者。室玄樸の子。万治元年(1658年)、室玄樸の子として、武蔵国谷中村(現・東京都台東区谷中)で生まれる。 寛文12年(1672年)、金沢藩に仕え、藩主・前田綱紀の命で京都の木下順庵の門下となる。正徳元年(1711年)、新井白石の推挙で、江戸幕府の儒学者となる。
 
徳川家宣、家継、吉宗の3代に仕え、幕府より駿河台に屋敷を与えられ献策と書物の選進、吉宗期にはブレーンとして享保の改革を補佐する。湯島聖堂において朱子学の講義を行い、赤穂事件において赤穂浪士への処罰をめぐり浪士を擁護したことでも知られる。
 
 

「名君家訓」の現代訳

 
 
 

"武士の10ヵ条"

 

一、嘘を言わない。

二、利己主義にならない。

三、礼儀作法を正す

四、上の者にへつらわず、下の者を侮らない。

五、人の悪口を言わない。

六、約束を破らない。

七、人の窮地を見捨てない。

八、してはならないことをしない。

九、死すべき場所では一歩も引かない。

十、義理を重んじる。


 
これを反対にしてみる。
 

一、嘘ばっかりつく。

二、自分が良ければよい。

三、礼儀なし。

四、上の者には媚びへつらい、下の者を侮辱する。

五、人の悪口をよく言う。

六、約束は守らない。

七、人の窮地を見捨てる。

八、してはならないことは、誰も見ていなければやる。

九、死すべき場所では逃げる。

十、義理を軽んじる。 

 
このような人とは付き合わない

0コメント

  • 1000 / 1000