第一印象を良くしてコミュニケーション能力を向上させる方法

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。
今日は、コミュニケーション能力向上|素人がすぐにできる5つの方法という記事を紹介します。

第一印象が決まる「時間」

よく、対面でのコミュニケーションにおいて、第一印象で全てが決まってしまうと言われますが、第一印象ってどのくらいの時間で決まるか知っていますか?

第一印象が決まる時間は、6秒とも10秒とも、30秒ともいわれます。

ある心理学者は、こう言い切ってもいます。
「第一印象は2分で決まって、その後はもう変わらない。」
(『出会いをドラマに変える 2分の法則 第一印象の心理術』植木理恵著)

第一印象の9割が視覚情報、聴覚情報

人への印象は、メラビアンの法則によると、視覚情報、聴覚情報で93%の割合を占めています。

メラビアンの法則とは、人への印象は、
視覚情報(顔の表情や服装、髪型、身振りなど) 55%
聴覚情報(会話の速さや声のトーン) 38%
言語情報(会話の内容) 7%
で決まるという法則です。

【メラビアンの法則】
アメリカUCLA大学の心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱した法則。
人への第一印象は初めて会った時の3〜5秒で決まり、その情報のほとんどは「視覚情報」から得ていて、相手に与える影響が発信するメッセージ自体より、その際の表情や口調といった視覚や聴覚情報のほうが強い影響力を持つという概念。

特に、数秒でその人への印象が決まってしまう視覚情報は重要だということです。では、印象を変えていくための方法を具体的に見ていきましょう。

視覚情報を変えてコミュニケーション能力を向上する方法

視覚情報を変える上で大事なのが、まずは挨拶です。
人とのコミュニケーションは、挨拶で始まり、挨拶で終わるというくらい挨拶はとても大事で、挨拶の仕方一つで相手への印象が変わってきます。

挨拶のポイント

挨拶のポイントは、顔の表情と挨拶の仕方です。

(1) 顏の表情

笑顔で挨拶すると、相手に好印象が与えることができます。挨拶をする前にお互いに最初に入ってくる情報は、顔の表情です。

あなたの顔の表情が、暗い表情や怖い表情をしていたら、その後のコミュニケーションが取ることは難しいです。

とは言っても、日常生活をする中で、イライラすることや、ミスをして落ち込むことなど色々な状況があります。

それが人と会う前にイライラするでき事や、落ち込むでき事があったら、 笑顔になるのは難しいでしょう。そういう時は、一瞬で笑顔になれる方法を使います。 

(2)笑顔になれない時に笑顔になる方法

一瞬で笑顔になるには、「意識的に数回、口角を上げる」ことです。 

「な~んだ。そんなこと」と思うかもしれませんが、これをやると笑顔になるだけでなく、やればやるほど、自分の気持ちも楽しい気分になってきます。

これは色々な人が実践してきて効果があったため、ご紹介していますが、ポイントは「数回やる」ということです。

挨拶の仕方とポイント「語先後礼」

挨拶は「語先後礼」でやると、相手に好印象が与えることができます。

挨拶の仕方と聞くと、「お辞儀の角度や手の置く位置でしょ」と思う人が多いかもしれませんが、それ以前にもっと大切なことがあります。

それは、「おはようございます」と言ってからお辞儀をすることです。多くの方は挨拶と同時にお辞儀をすることが多いのですが、相手にとって好印象を与える挨拶は「語先後礼」です。

人前で話す人が必ず行う挨拶

「語先後礼」とは、テレビのアナウンサーなど人前で話す人は、必ず行っている挨拶の仕方です。

そもそも挨拶は相手に向かってするものです。多くの方の場合、「おはようございます」と言っている時は下を向いています。

つまり、地面に向かって挨拶をしています。折角、挨拶しているのに相手には「挨拶をしている」ということが伝わりません。 

挨拶の角度や手の位置だけを気にして、語先後礼をしている人が少ないのですが、これは非常にもったいないことです。

逆に考えると、語先後礼をしている人が少ないので、これをやっていれば、あなたへの印象は変わってきます。

聴覚情報を変えてコミュニケーション能力を向上する方法

聴覚情報は、声のトーンと話すスピードが重要です。

印象がよくなる声のトーン「ソ」

相手にとって印象がいい声のトーンは、「ソ」の音です。

視覚情報の時に話した挨拶にも関係してきますが、挨拶する時、会話する時にも大切になるのが声のトーンです。

これは一般的に音階の「ソ」の音と言われています。音程に自信のある人はピンときますが、私みたいに音程に自信がない人は、ピンとこないかもしれません。

そういう人は、実際に「ソ」の音を聞いてみて、その音で実際に発音してみるとイメージできます。

でも、最初はなかなか発音できないと思いますので、いつもの声のトーンより少し高めで話すことを意識すると丁度いいと思います。

印象がよくなる話すスピード

もちろん、話すスピードはケースバイケースで変わってきますが、相手とじっくり話したいとか相手の気持ちを引き出したいという場合は、ゆっくり話すと相手との距離が縮まります。

理由は、自分がゆっくり話すと、相手もゆっくりした口調になり、ゆったりした気分になり、その場の雰囲気がゆっくり流れ、相手にゆっくり考える時間を与えることができるからです。

逆に早口になると、相手も早口になり、早く結論を出さないといけないという雰囲気になります。状況によって使い分けていくことが一番です。

出典
コミュニケーション能力向上|素人がすぐにできる5つの方法
https://re-sta.jp/improve-communication-skills-1209

0コメント

  • 1000 / 1000