仕事が嫌いな人に贈る10の言葉-考え方ひとつで人生は変わる!7〜10

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日は、仕事が嫌いな人に贈る10の言葉-考え方ひとつで人生は変わる!という記事の中から4つの言葉を紹介します。

7. 一時撤退も悪いことではない!

「なりたい自分」は、現実と照らし合わせて軌道修正してもいい。

あまりにも短い期間でビジョンを変えていってしまうのでは、いつまでたっても流されているままで、目標に近づくことができません。

しかし、5年後の自分を描いたからといって、現実ではいろいろな障害を乗り越えていくのですから、道を変更するとか、5年後が6年後になったとしてもいいのです。

「何が何でも」という覚悟はいいことかもしれませんが、現実を正面から受け止めて臨機応変に対処するフレキシブルさが、人生を楽しく豊かなものにする秘訣だといえます。

目的地までたどり着く道は、無数にあります。
目の前に現れた川が増水して渡れなくなっていたら、回り道して遠くの橋を渡って行けばいい。

自分を守るためや、障害を乗り越えるために、一時撤退して冷静にコース取りを修正するのは悪いことではありません。

回り道や寄り道には、思いもしなかった幸運が潜んでいることも多いのです。
 

8. 飽きるのは休憩しろというサイン!

仕事に疲れて嫌いになる前に、「飽きる」ことがありますよね。

「飽きる」という感情は、このまま同じことを続けていると疲労しますよ、さらに続ければ心や身体に重大な影響が現れますよ、という最初のサインだと、現代の脳科学では考えられています。 

少し専門的な話になりますが、疲れたと感じる「疲労感」の原因は、脳の自律神経中枢域に活性酸素が増えることだと考えられており、最初に現れる症状が「飽きる」という感情なのです。

ですから、仕事をしていて飽きたら休憩して脳を休ませる必要があります。
同時に体内の活性酸素を除去する「抗酸化作用」を高めて、リフレッシュしましょう。

抗酸化作用を高める方法には、紫外線を避ける、有酸素運動を控える、リラックスして副交感神経を活性化させるといったことがあり、もっとも即効性があるのは、抗酸化成分を多く含む食品を摂ることです。

抗酸化成分には、ポリフェノール、ビタミンA、C、E、カロテノイドなどがあるので、「抗酸化」分野の記事を参照してください。

仕事に飽きたと感じたら、週末に温泉やアウトドアレジャーへと出かけてリラックスした時間を過ごし、抗酸化食品を意識した栄養を十分に摂るのがリフレッシュのコツです。
 

9. 人間は平等ではないことを理解しろ!

「人間は生まれながらにして平等」ということは、世界人権宣言や日本国憲法で保障されていますよね。

しかし、実際には人間がみな平等ということはありえません。
身体や脳の機能は、似通ってはいても誰ひとりとして同じものはありませんよね。

生まれてしばらくすると、走るのが速い子ども、絵を描くのが得意な子ども、計算が得意な子ども、視力や聴力が強い子、弱い子と差が現れてきます。

資本主義社会では、経済的な事情も生まれた環境によって違い、おカネもちの家に生まれた子もいれば、厳しい経済状況の家に生まれる子もあります。 

こうしたことは、生まれる本人が選択できることではありませんから、早く自分の前にある現実をすべて受け入れて、その中で自分が得意なことや好きなことをいかにして伸ばすかを考えたほうがいいですよね。

大人になっても、目の前の現実をすべて受け入れて、その状況で最善の道を選ぶのが、幸せになる方法であることに変わりはありません。

自分の現状や過去を恨んでみても、何も得られることはなく、一度きりの人生の貴重な時間をムダにするだけだと思いませんか?
 

10. 仕事は幸せのためにやる!

人間は何のために生きているのでしょう?
幸せな時間を過ごすためではないでしょうか。

仕事をするのも、幸せになるためですよね。
不満や不安という感情は、願望の裏返しだといわれます。

人間関係でストレスをかかえるのも、相手に抱く願望が裏切られるから。
「こうでいたい」「こうあってほしい」という自分の願望が裏切られることに原因があるのです。

人間が抱くいろいろな願望は、「何のために」と突き詰めていくと、「幸せになりたいから」という1点にたどり着くといわれています。

たとえば「おカネがほしい」という願望は、何のためかといえば「裕福になりたいから」。それは何のためかといえば「好きなものを買いたいから」→「人生を楽しみたいから」→「それは幸せなことだから」となりませんか?

仕事が嫌いな理由も、何らかの願望が裏切られたことにあります。
その願望は、冒頭で解説した「嫌いな理由」の裏返しということ。

たとえばそれが「自分の得意分野を活かせていない」ということであったら、「自分の得意分野を活かしたい」という裏返しの願望を「何のために」と突き詰めていくのです。

「楽しみながら仕事をしたいから」→「その方が世の中の役に立てるから」→「生きがいを感じたいから」→「それが幸せな人生だと思うから」となりませんか?

まとめ

仕事が嫌いだという感情をもっている人は、「自分の幸せは何か」という人生の大テーマと一度向き合ってみることをおすすめします。

どんな結論であろうがいいのです。
何を幸せと感じるかということは、人それぞれ違って当たり前。

大テーマとはいいましたけど、日々の生活の中にある普通のこと、たとえば「毎日、気持ちのよい朝が迎えられること」とか、「仕事が気持ちよくできること」に生きがいを感じることだって素晴らしい幸せですよね。

今、世界で注目されている、日本語の「生きがい」という概念があります。

地位や名誉や財産を幸せの目標とするのは、明確なビジョンという点ではわかりやすい指針となるでしょうが、「生きがい」という幸せの形もあることを理解して仕事と向き合ってみると、また新たな境地が見えてくるかもしれませんよ。

【参考資料】
・『人生を面白くする「好きになる力」』 山田五郎 著  海竜社 2016年
・『やりたいことを全部やってみる ストレスフリーな生き方を叶える方法』 米山彩香 著  総合法令出版 2019年
出典
仕事が嫌いな人に贈る10の言葉-考え方ひとつで人生は変わる!
https://re-sta.jp/i-hate-work-8785

0コメント

  • 1000 / 1000