うしろをふり向く必要はない。あなたの前にはいくらでも、道はあるのだから

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。


魯迅(ろじん/1881年9月25日-1936年10月19日/男性)は、中国浙江省出身の小説家、翻訳家、思想家。本名は周樹人(ペンネームの魯は母親の姓に由来)。『阿Q正伝』や『狂人日記』の著者として知られる人物であり、作品が中国の教科書に採用されることも多いため、中国では国民的な知名度を誇っている。また、中国最初の小説史『中国小説史略』(神話伝説から清末までの小説史)を書いた功績でも知られている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書
主な著書に「狂人日記」「阿Q正伝」「孔乙己」「故郷」「彷徨」「朝花夕拾」「故事新編」「野草」「中国小説史略」などがある。

魯迅の名言集

もともと地上に道はない。
歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。

沈黙しているとき私は充実を覚える。
口を開こうとすると、忽ち空虚を感ずる。

自己満足しない人間の多くは永遠に前進し、
永遠に希望を持つ。

青年時代に悲観していてはいけません。
徹底的に戦うのです。

目的はただ一つしかない。
それは前進すること。

いかなる暗黒が思想の流れをせきとめようとも、いかなる悲惨が社会に襲いかかろうとも、いかなる罪悪が人道をけがそうとも、完全を求めてやまない人類の潜在力は、それらの障害物を踏みこえて前進せずにはいられない。

最後の勝利は、喜ぶ人々の数にあるのではなく、どこまでも進撃する人々の数にある。 

うしろをふり向く必要はない。
あなたの前には、いくらでも道があるのだから。

決心する限り、奮闘する限り、必ず成功する。

天才なんていない。
僕は他人が休んでいる時間も仕事をしていただけだ。

出典
地球の名言
http://earth-words.org/archives/11418

0コメント

  • 1000 / 1000