人生100年時代とは?

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日は、人生100年時代とは? 働き方はこう変える! 今すぐ必要な「3つの能力」とは?<LIFE SHIFT>という記事を紹介します。
医療の発達、栄養状態や衛生環境の改善などによって、人生は100年時代を迎えています。ひとりの人間の人生が100年続くとなったとき、働き方や生き方はどのように変化させるとよいのでしょうか。

この問題は、個人レベルを超えて国家プロジェクト、さらには世界レベルで取り組むべき社会問題でもあります。長寿社会における人生設計や構想について考えていきましょう。

1.人生100年時代とは?


そもそも人生100年時代とは、どのようなことを指すのでしょう。人生100年時代とは、『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の著者であるリンダ・グラットン教授が提言しました。

人生100年時代とは、「寿命が(100歳前後まで)今後伸びていくにあたって、国・組織・個人がライフコースの見直しを迫られている」という内容を表す言葉として登場します。

つまり個人の人生設計といった狭義にとどまらず、国家的な課題であることを初めて社会に訴えかけたのです。長寿国家として名高い日本でも、2017年9月に日本政府によって「人生100年時代構想会議」が開催されています。

本『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』の紹介
ここで、長寿時代の人間の生き方を書いた本、『LIFE SHIFT』をもう少し詳しくご紹介しましょう。著者のリンダ・グラットン氏は、英国ロンドンビジネススクールの教授です。 

健康で長い人生において、過去の資金計画は崩壊し、労働市場は大きな変化を余儀なくされるとし、

男女の役割分担の変化

お金に換算できない資産がクローズアップされる

など新しい社会構造や価値観が生まれてくることを示唆しています。


人生100年時代構想とは?


日本政府はこの問題に早くから取り組んでおり、2017年9月8日に「人生100年時代構想推進室」の看板を掲げました。

そこでは人生100年時代構想を「『人生100年時代』の提言をもとに、自らが主導して、超高齢化社会の日本において経済・社会システムが今後どのようにあるべきかの構想」と説明しています。

一億総活躍社会の実現という言葉からもわかるとおり、

子供たちの誰もが経済事情にかかわらず夢に向かって頑張ることができる社会

いくつになっても学び直しができ、新しいことにチャレンジできる社会

こうした社会づくりに積極的に取り組んでいるのです。

教育の負担軽減・無償化、リカレント教育、人事採用の多元化

日本政府が行う取り組みのなかでキーワードとなるのは教育です。教育の負担軽減・無償化は100年時代構想の柱のひとつとなっています。

まず2019年10月から3~5歳の子どもたちにおける幼稚園・保育園費用の無償化が始まる見込みで低所得世帯の0~2歳児も無償化の対象としています。

同時に待機児童の解消にも力を注ぎ、2020年度までに32万人を受け入れられるよう計画しています。

高等教育の無償化

給付型奨学金の支給額増大

などすべての子どもたちの可能性を広げる仕組みづくりが提案されています。しかし、子どもの問題だけではありません。

生涯にわたって学習を繰り返すことのできる教育システム、リカレント教育にも政府は積極的に取り組む姿勢を見せているのです。教育を行う側の人事採用の多元化にもメスを入れるなど、「人づくり革命」といわれるプランニングが進められています。

人生100年時代構想会議

人生100年時代構想会議の概要をもう少し見ていきましょう。人生100年時代構想会議とは、「人づくり革命」を掲げる日本政府が2017年9月に開催したものです。

「人生100年時代を見据えた経済・社会システムを実現するための政策のグランドデザインに係る検討を行う」(首相官邸ホームページより)ために設置されました。

幼児教育

高等教育の無償化

リカレント教育

大学改革

高齢者雇用

といった議題を設定し2018年6月までの間に計8回の構想会議が行われ、リンダ・グラットン教授や有識者議員との意見交換会も開催しています。


出典
人生100年時代とは? 働き方はこう変える! 今すぐ必要な「3つの能力」とは?<LIFE SHIFT>
https://www.kaonavi.jp/dictionary/tag/osusume/

0コメント

  • 1000 / 1000