人生100年時代で求められる人材像

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日は、人生100年時代とは? 働き方はこう変える! 今すぐ必要な「3つの能力」とは?<LIFE SHIFT>という記事を紹介します。
人生100年時代に必要となるものは3つあります。

教育

多様な働き方

無形資産
「Explorer」「Independent producer」「Portfolio worker」の各ステージを自由に行き来する新しいライフコースにより、100年時代をクリエイティブに構築できるとわかりました。

では、人生100年時代で求められる人材像とは何でしょう。

「社会人基礎力(=3つの能力・12の能力要素)」

100年時代を生き抜くには3つの能力と12の能力要素で構成される「社会人基礎力」が必要だといわれています。これらは教科書に載っていないため、教師から教わることができません。

社会人基礎力は、職場や地域社会で多くの人と関わり合いを持つなかで身につく能力です。働きながら生涯を通じて学び直す姿勢、いわゆるリカレント教育を意識して個人個人が自分の100年ライフを構築する必要があります。

①前に踏み出す力 (アクション)

経済産業省の有識者委員会では、社会人基礎力を構成する要素のひとつに「前に踏み出す力(アクション)」を挙げているのです。

主体性を持ち続け、他人に働きかけを行うことで力を結集、設定した目的に向かって確実に行動を起こす力です。「前に踏み出す力(アクション)」は、能力要素3つが備わることでより力を発揮します。

主体性

働きかける力

実行力


自ら失敗を恐れずにチャレンジする力、仮に失敗しても粘り強くあきらめないで取り組む姿勢は、リカレント教育においても非常に重要なポイントといえるでしょう。

②考え抜く力 (シンキング)

社会人基礎力の構成能力には考える、すなわち物事に対して疑問を持つ姿勢と、それを継続して貫く姿勢を意味する「考え抜く力(シンキング)」も定義されています。

社会人基礎力の能力のひとつである「考え抜く力(シンキング)」も、3つの能力要素で構成されています。

課題発見力 現状分析を行い、目的や課題を自ら明らかにする力

計画力 課題に対して計画的に解決方法のプロセスづくりを行う力

創造力 新しい価値、製品、サービスを生み出す力


③チームで働く力(チームワーク)

社会人基礎力の構成能力にはもう一つ、忘れてはならない能力「チームで働く力(チームワーク)」があります。

チームワークは多くの人と関わりながら、一緒に目標に向かって協力していく力です。チームワークは、6つの能力要素で構成されています。

発信力 自分の意見を他人にわかりやすく伝える力

傾聴力 相手の意見に傾聴する

柔軟性 対立意見や立場の違いを理解する

情況把握力 自分と自分をとりまく周囲との関係性を把握する

規律性 社会のルールを守る

ストレスコントロール力 ストレスに対応できる


職場で求められる能力は?

ビジネスの世界に限定して考えた場合、職場で求められる能力はどのようなものなのでしょう。

職場に限定した場合、下記のような能力が必要になるでしょう。

新しい価値創出に向けた課題発見力


課題を発見するための「関係者からのアイディア収集力」

課題やアイディア実現のための「試行錯誤を惜しまない姿勢」


さまざまな人がいる職場では協働による問題解決活動力、すなわち「チームワーク」がベースになることは言うまでもありません。

社会人基礎力を身につけたうえでこのような能力を最大限発揮すれば、企業目標、経営目標を達成できる優れた組織が誕生するでしょう。
出典
人生100年時代とは? 働き方はこう変える! 今すぐ必要な「3つの能力」とは?<LIFE SHIFT>
https://www.kaonavi.jp/dictionary/jinsei100nen/

0コメント

  • 1000 / 1000