なぜ「寄付すると、幸せになれる」と断言できるのか?心理学実験で分かった、意外な事実

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日はなぜ「寄付すると、幸せになれる」と断言できるのか?心理学実験で分かった、意外な事実という記事を紹介します。

寄付をする」というと、「他人のために自分を犠牲にする」という印象も少なからずあるかもしれません。

「奉仕」「利他」「無私」といった言葉から、連想されるイメージです。

ところが寄付をしたことがある方ならお気付きと思いますが、「困っている人の役に立てた」「共感している活動に一体感を感じられる」といったように、寄付をすることでポジティブな気持ちになる方が多いようです。

実は、寄付によってお金を出した方ご自身の「幸福度をアップする」効果があると明らかになっているのです。

渡された5ドル紙幣の使い方、封筒の指示にしたがうと・・

ある夏の晴れた朝、カナダのバンクーバーのこと。

研究者たちのグループは、封筒が入った箱を持って通行人に近づき、ちょっと変わった頼み事をしました。

実験に参加することを承諾してもらえたら、まずどれくらい幸福かを尋ねて電話番号を教えてもらい、次に、謎の封筒の1つを渡したのです。

封筒を開けてみると中には5ドル紙幣と、短い手紙が入っていました。
(出典:「幸せをお金で買う」5つの授業(エリザベス・ダン、マイケル・ノートン))

一部の人々の手紙には、次のような指示が書かれています。

・Aパターン「今日の午後5時までに、自分への贈り物か、自分のための支出(たとえば、家賃、支払い、または借金の返済など)のどちらかのためにこの5ドルを使ってください。」


・Bパターン「今日の午後5時までに、だれかへの贈り物か、チャリティーへの寄付のためにこの5ドルを使ってください。」


こうしたお金の使い方は、実験対象の方々の幸福度にどのような影響を与えたでしょうか?

「他人のためにお金を使う方が、幸福度が高まる」実験で示された意外な事実

その晩、実験グループは一人ずつに電話をかけていきました。

「何にお金を使ったか?」「今どれくらい幸福と感じているか?」を尋ねたのです。

他人のためにお金を使うよう指示された人は、たとえば次のように支出しました。

・親類の子どものためにおもちゃを買う

・ホームレスにお金を与える

・チャリティーに寄付する

すると意外な傾向が、数字ではっきりと分かりました。

1日の終わりに、他人のためにお金を使った人々は、自分のために使った人よりも明らかに幸福感が高まっていました。

その日の朝には、2つのグループ間にそうした違いは見られなかったにもかかわらず、です。

この1つの実験結果だけでは、「偶然なのでは?」や「特殊な条件があったからじゃないの?」と感じる方もいるでしょう。 
しかし、同じような傾向は複数の研究によっても裏付けられています。

出典
なぜ「寄付すると、幸せになれる」と断言できるのか?心理学実験で分かった、意外な事実
https://kifunavi.jp/donation/happiness/



0コメント

  • 1000 / 1000