人生の役に立つ、戦国武将の名言100選 1〜30

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日はと戦国武将の名言100選という記事を紹介します。
一 武田信玄
人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり

二 織田信長
必死に生きてこそ、その生涯は光を放つ。

三 黒田官兵衛
最期の勝ちを得るにはどうしたらいいかを考えよ。

四 徳川家康
最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える。

五 豊臣秀吉
戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである。

六 後藤又兵衛
次勝てばそれでよし

七 池田輝政
いまの世の中は静かではあるが、いつどのようなことが起こらぬとも限らない。そのときのために、いま以上に欲しいものは有能な武士である。無益の出費を省いて人を多く抱えることが世の楽しみなのだ。

八 伊達政宗
大事の義は、人に談合せず、一心に究めたるがよし

九 真田信繁
部下ほど難しい存在はない

十 前田利家
人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。

十一 黒田官兵衛
その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。目利き違いなのだから、主の罪は臣下よりもなお重い。

十二 長宗我部元親
一芸に熟達せよ 多芸を欲張るものは巧みならず

十三 小早川隆景
すぐわかりましたという人間に、 わかったためしはない。

十四 松永久秀
日ノ本一の正直者ゆえ、義理や人情という嘘はつきませぬ。裏切られるのは弱いから裏切られるのです。裏切られたくなければ、常に強くあればよろしい。

十五 大谷吉継
金のみで人は動くにあらず

十六 竹中半兵衛
合戦談を聞く場合、たいていな者が大事なことは問わず、枝葉のことばかり聞きたがる。誰が手柄を立てたとか、誰を討ち取ったとか、そんなことばかりを聞きたがる。一人武者の手柄話を聞いたとて、何の役に立とう。部隊の駆け引き、戦の変化などを主眼にして聞いてこそ合戦談も役に立つのだ。

十七 上杉謙信
人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならない。

十八 前田慶次
たとえ万戸候たりとも、心にまかせぬ事あれば匹夫に同じ、出奔せん

十九 織田信長
組織に貢献してくれるのは「優秀な者」よりも「能力は並の上だが、忠実な者」の方だ。

二十 真田信繁
関東勢百万も候へ、男は一人もいなく候

二十一 武田信玄
百人のうち九十九人に誉められるは、善き者にあらず。

二十二 山県昌景
武士の心がけとしては、その場に臨んで始めるようでは駄目だ。

二十三 北条氏康
小事をおろそかにするな

二十四 山中幸盛
願わくば我に七難八苦を与えたまえ

二十五 徳川家康
滅びる原因は、自らの内にある

二十六 藤堂高虎
己の立場を明確にできない者こそ、いざというときに一番頼りにならない。

二十七 島津義久
良いことの五つは真似しやすく、悪いことの一つはなかなかやめられない

二十八 伊達政宗
時を移さずに行うのが勇将の本望である。早く出立せよ

二十九 小早川隆景
長く思案し、遅く決断すること。 思案を重ねた決断であるなら、後戻りする必要はない。

三十 竹中半兵衛
要害がいかように堅固であっても、人の心が一つでなければものの用をなさない。
出典
戦国武将の名言から学ぶビジネスマンの生き方
https://kenplanning.sakura.ne.jp/www/?p=4506

0コメント

  • 1000 / 1000