人の意見を受け入れられないのは、責任転嫁しない生き方の表れ

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日は「人の意見を受け入れられないのは、責任転嫁しない生き方の表れ」という記事を紹介します。
人の意見を受け入れられなくなった

自分が過ちを犯してしまったとき、何か助言をもらうときなど、いろいろな局面において周囲から意見をもらうことがあると思います。

しかし、相手の話を聞くことは聞くが、結果としては人の意見を受け入れられないという方もおられることでしょう。

結果、周囲から「他人の話を聞かない人」「言っても無駄な人」「頑固な人」「プライドが高い」「人を認められない」と言われたり、思われたりすることで、気を病んでいる人も少なくないと思います。

~プラスに転換する考え方~

他人任せにしていない証拠
「人の意見を受け入れられない」ことで、周囲からどう言われようが、また自分自身でどう思おうが、一つだけ言えることがあります。

それは、物事をきちんと自分で考え、物事の判断をして生活しているということです。言い換えるならば、責任転嫁しない生き方をしているということです。

「人の意見を受け入れない」というのは、一見、自己中心的で身勝手な姿として思われがちですが、別の見方をすると、実は自己中心的な姿から離れようとする「自を律していく姿」として受け止めることができるのです。

この姿は、仏教において大切にされています。なぜならば、仏教の開祖であるお釈迦さまが最後に残された教えとも言われているからです。

お釈迦さまは「自らを灯明とせよ」(自灯明)という教えを残されました。「「自らを灯明とせよ」とは、「自分を照らし、拠り所としなさい」です。 

これは、決して「自己中心的に生きなさい」という意味ではありません。この真意は、自分の行動は自分で判断し、その結果は自分で責任をとっていくという、自を律していく「自律の教え」です。

つまり、周りからのいろいろな意見に促されたので、自分の責任ではありませんというような責任転嫁を戒めるメッセージなのです。

「人の意見を受け入れられなくなってきた」ということは、裏を返せば、責任転嫁しない生き方をしている証拠とも言えるのです。

端から見れば、それはひょっとしたら「我が道を歩む人」「自己愛が強い人」「視野の狭い人」など、否定的な意味で「自己肯定感の強い人」と思われるかもしれません。

しかし、そのような周囲の声を気にする必要はありません。
「人の意見を受け入れられなくなってきた」ということを自覚し、省みること自体が、自己中心性が強くないということを証明しています。

むしろ、これは自分を顧みることのできる証拠です。
おそらく、人の意見を受け入れることができない一番の理由は、その意見が自分には関係無い、必要ないと思うからだと思います。

もし、そう感じるのであれば、無理に受け入れる必要はないのです。
「意見を受け入れない」ことで、無意識にも自分にとって楽な生き方を構築しているのです。

無理して人の意見を受け入れてしまうと、自分にとって心地のよかった生活が崩れてしまいます。これまでの通り、納得いく判断で生活されれば問題ないのです。
立ち止まればいい

しかし、そうは言っても、「他人任せにしない生き方」を続けていくことは、そう簡単なことではありません。

「言うは易し、行じるは難し」という言葉の通り、実際の生活ではいろいろな感情も交錯し、不安や心配も募ってしまうものです。

それでも問題はありません。「失敗した」「後悔した」「不安になった」というような状況になったときは、一度立ち止まって、周囲から意見を集め、必要な考え方、情報、手段を自分の生活に取り込んであげればよいのです。

これは、都合のいいように生きていると思わないようにして下さい。必要なときに、必要なものを必要なだけ摂取するというのは基本的な営みです。

これは、人間だけでなく、動物、植物も同じです。むやみやたらに物事を摂取すれば、動物だって体調や生活スタイルが崩れたり、植物も枯れてしまいます。人間にも同じことが言えるのです。

実は、お釈迦さまの「自らを灯明とせよ」という教えには、続きがあります。それは「法(お釈迦様の教え)を灯明とせよ」(法灯明)というものです。

これは、つまずいたときは、立ち止まり、仏教の教えを鏡として自分自身を省みて、進んでいきなさいというメッセージです。

誰であろうとも、生きていくうえでは失敗、後悔、不安は付きものです。しかし、その都度、反省と生き方の修正をしていけば、何度もやり直すことはできます。

いつか周囲の意見が必要となるときもあると思います。そのときは、人の意見を受け入れ、自分の生活をより良いものに変えていくというくらいの心持ちでおられるのが良いではないでしょうか。

人は、いざというときは、誰もが藁(わら)をも掴む思いで、何かにすがるものです。そのようなときが来るまでは、気が進まなければ無理に人の意見を受け入れる必要はないのです。

但し、いざというときに周囲の意見が貰えなくなっていると状況だと大変なので、人の意見を受け入れる、受け入れないはともかく、とりあえず意見を聞くという姿勢だけは大切にしながら生活してみてはいかがでしょうか。

出典
人の意見を受け入れられないのは、責任転嫁しない生き方の表れ
https://www.alphapolis.co.jp/business/official/ogi/4317?page=2&yclid=YJAD.1587336972.CjwCmmWdcq00CPyEjNb89JNSu6fmnbT0LJ3pJUTsTeiOiwqkzITfLOwupMLj2SPjbEsntGkPPNRG1fM-

0コメント

  • 1000 / 1000