短時間睡眠を継続するコツ

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日は「短時間睡眠を継続するコツ」という記事を紹介します。
休日は普通の睡眠時間(6 時間半から 7 時間半)を取る

短時間睡眠は、心のメンテナンスをするノンレム睡眠(浅い眠り)に負担がかかります。そのため、土日など休日に、普通の睡眠時間をしっかり取ることが大切です。

睡眠学で有名なチューリッヒ大学・ボルベイ教授の研究によると、4時間睡眠を4日間続けると、成長ホルモンを出させるノンレム睡眠(深い睡眠)は維持できても、心のメンテナンスをする「レム睡眠(浅い睡眠)」がやや減ってしまうことが明らかになりました。

そして、その不足分は、1日だけ、通常の長さの睡眠を取れば回復できると結論づけられています。

人間の適性睡眠時間は、6時間半から7時間半が最も身体に負担がかからないと言われますので、心と身体をスッキリさせるために、土日など休日に普通の睡眠時間(6時間半から7時間半)をしっかり取ることです。

睡眠時間を増やす場合の注意点
平日に短時間睡眠を行い、土日などの休日に普通の睡眠時間を確保することは心と身体の回復につながります。

その場合の注意点は、起きる時間は変えずに、寝る時間を早くすることです。

そうすれば、コルチゾールの分泌サイクルを崩さず、早く寝ても、成長ホルモンの分泌は寝てから3時間ですのでしっかり分泌されるため、翌週からの短時間睡眠のサイクルもうまく続けられるように体内時計も調節できます。

まとめ 短時間睡眠のコツは「太陽の光」と「ホルモン分泌」に合わせて睡眠を取ること

出典
短時間睡眠のコツ|簡単に睡眠の質を上げて快適に過ごす方法
https://re-sta.jp/short-sleep-206

0コメント

  • 1000 / 1000