人生に飽きたら試したい10の事柄-脳にプラス刺激を与える方法 ①食について

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日は「人生に飽きたら試したい10の事柄-脳にプラス刺激を与える方法」という記事を紹介します。
マンネリは、生きる意欲を薄れさせますよね?
人間は、安定した人生を求める一方で、常に刺激を求めているという二面性をもっています。

刺激のない人生は、楽しくありません。
でも、間違っても危険なことには足を突っ込みたくないですよね。

ここでは、「食」「旅」「仕事」「趣味」という4つのジャンルで、脳をリフレッシュする方法、自分によい刺激を与える手段を紹介します。

どこまでが楽しい刺激で、どれだけリスクを負えるかということは、年齢や立場で変わってきます。

高校生だって人生に飽きたと感じることがあるでしょうし、結婚をして家庭をもった30代でマンネリをなんとかしたいと思うことがあるでしょう。

どの年代でも重要なのは、脳にプラスの刺激を与えることです。
プラスの刺激とは、「気持ちよい」「心地よい」「楽しい」「うれしい」「美味しい」といった感情を生む刺激です。

ここであげた10の事柄は、どれもプラス刺激を生むものばかり。
興味を引くものがあったら、ぜひ試してみてください。

きっと、人生に潤いを与えてくれるイベントやアイテムと、出会えることでしょう。

1. 食

「食べる」という行為は、生命維持に欠かせない行為であり、「食欲」は「睡眠欲」「性欲」とともに三大欲のひとつです。

「食」は、生きるために必要な要素でありながら、プラスの刺激として楽しむことができるもっとも身近な要素なのです。

それだけに、飽きやすい要素のひとつでもありますが、ちょっと工夫をこらすだけで、最高のプラス刺激となります。

① 高級店で食事をしてみる

10代でもアルバイトをしている人は多いですね。
20代になれば、仕事で収入を得るようになります。

自分のおカネで行く友人たちとの食事や、飲み会は楽しいものですよね。
飲食がちょっとマンネリになってきたときは、予算を増やして高級店に行ってみましょう。

店の選択さえ間違わなければ、必ず感動と記憶に残るよい刺激を与えてくれるはずです。
洋食だったら、フレンチやイタリアンの名物シェフがいる店にいって、ぜひコース料理を味わってみてください。

ワインはリストを見ながらソムリエに、「このくらいのものでおすすめを」と指をさせば大丈夫。

和食だったら懐石料理か、メニューがわかりやすい鮨屋か天ぷら屋がいいでしょう。
和食は、値段に見合った職人の仕事を見ることができるカウンターがおすすめです。

食材について質問したり、料理の素直な感想を伝えたりして、料理人との会話も楽しめます。

懐石は、料理人がもっとも力をいれる椀物の感想を伝えると喜ばれます。
高級店は、料理人の経験や空間&時間に、おカネを払うつもりで行きましょう。

② 町の中華や洋食を追求してみる

高級店は、特別な日のイベントとして楽しめばいいのですが、日々の食事を楽しめる街グルメも、食を楽しめる要素です。

誰でもお気に入りの中華店やカレー店、洋食屋などがあることと思います。
ファミレスとはちょっと違う個性を楽しめる店です。

定番としている店がいくつあるかにもよりますが、ランチなどはマンネリしがちですね。
今は、ネット上に食の情報もあふれています。

ひとつジャンルを決めて、追及してみるのはどうでしょう。
よくあるのが「ラーメン」「餃子」「パスタ」「カレー」「とんかつ」「ハンバーグ」「焼肉」といった定番ものです。

ここはちょっと目先を変えて、東南アジア系の「エスニック」や「メキシカンフーズ」なんていうのはどうでしょう。 

仲間内で、「エスニックのことはアイツに聞け」なんていわれるようになったら、株が上がりますよ。

③ 料理をしてみる

「食」の究極の楽しみ方は、やはり自分で料理することです。
料理は、する人としない人が極端に分かれますね。

しない人はまったくしないことが多いものです。
料理をしない人は、「食」に無頓着な人が多く、口に入って食欲が満たされればそれでいいと考えているという傾向にあるのですが、生きていてこれほどもったいないことはありません。

もっとも身近で最高のプラス刺激を辞退しているようなものです。
難しいことは必要ありませんから、ぜひ「みそ汁」をつくることからはじめてみてください。

スーパーへ行って、出汁や味噌を選び、大根と豆腐を買ってくるだけではじめられますよ。

出汁や味噌の違いが分かるようになり、バリエーションがほしくなったら、もう料理が好きになっていることでしょう。
IKEAにでも行って、自分の包丁やまな板を選びましょう。

出典
人生に飽きたら試したい10の事柄-脳にプラス刺激を与える方法
https://re-sta.jp/if-you-get-bored-with-life-8023


0コメント

  • 1000 / 1000