孤独感を楽しむ16のヒント-ネガティブイメージからの脱出方法①

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。

今日は「孤独感を楽しむ16のヒント-ネガティブイメージからの脱出方法」という記事を紹介します。

孤独を恐れて、これからの自分に不安を感じることは誰にでもありますよね?
孤独感は一般的に英語で”loneliness”と訳されますが”solitude”という言葉が使われることもあります。

20世紀前半に活躍したドイツの神学者ポール・ティリッヒの名言に次のようなものがあります。

Language has created the word “loneliness” to express the pain of being alone. And it has created the word “solitude” to express the glory of being alone. 

「言語は1人でいることのさびしさを表すために”loneliness”という言葉をつくった。一方、1人でいることの喜びを表すために”solitude”という言葉をつくった」


孤独には、「孤独死」や「ひとりぼっち」といったネガティブなイメージが定着しているために、孤独感を恐れる人が多いのですが、1人でいることにはいろいろな喜びもあります。

もし孤独感が不安を生んでいるとしても、考え方ひとつで楽しみに変えてしまうことも可能なのです。

近年は「孤独」をテーマとした書籍が何冊も話題になりましたが、ここではそれらの本の中から、孤独感のネガティブなイメージを解消して、1人でいることを楽しむためのヒントとなる考え方を紹介しましょう。

孤独感を楽しむ16のヒント①〜④

① 孤独のストレスは楽しむことで消える

孤独感が、「怖い」「辛い」といったストレスになるしくみを知りましょう。

ストレスとは、五感で受けた刺激に対する脳の反応。

視覚や聴覚で自分はひとりだという情報を受け取り、その信号が脳に伝わって記憶と交差し、さびしいという感情を生み出すのです。

ストレスのもととなる刺激は、自分の意志とは関係なく降り注ぐものですから、なくしたり消したりすることはできません。

ですから、一度、怖いとか辛いという感情が生まれたら、消そうとしても逆効果。
ストレスは消そうとか忘れようと考えると、原因になっている刺激を思い出してしまうので、余計にストレスをためてしまうのです。

こういうときは、楽しいことや心地よいことをすれば、マイナスの感情を忘れることができます。

「そんな方法は一時しのぎだ」と思われるかもしれませんが、この一時しのぎが大事。
一瞬でも忘れることができれば、ストレスは大幅に軽減されます。

② 孤独と孤立の違いを理解する

「孤立」は「孤独」の類語のように思われている人も多いのですが、まったく意味が違います。

「孤立」とは、ほかの人たちと離れてつながりのない状態で、昨今は中年世代に増えていると話題の「ひきこもり」が孤立にあたります。

いっぽう「孤独」とは、あくまでも精神状態の話ですから、大勢の人の中にいても「孤独感」をもっている場合があります。
ひとりでいることを積極的に楽しもうとするのも「孤独」です。

孤立してしまうと社会性を失うので、ますます孤立を深めていくことに。
自らすべての人間関係を絶ってしまっては、社会で生きていくことはできません。
孤立せずに、孤独を楽しむことが重要なのです。

③ 絆を失わず孤独を楽しむ高齢層

『孤独のすすめ』『孤独の力』など、人生後半の孤独をテーマとした著書がベストセラーになっている作家の五木寛之さんは、今の若者と高齢者の孤独は同じ尺度で測れないと語っています。

若者が求める孤独は、つながっていたいけど濃密な関係は避けたいという願望であるのに対し、高齢者の場合は、社会の絆の中で自由に生きたいという願望だといいます。

かつての日本には、会社では組合があったり、隣近所の付き合いがあったりして、どこにいても絆でつながりながら生きていたのですが、そういう社会で生きてきた高齢層が、もうこれからは自由気ままに生きたいという気持ちから孤独を選ぶのです。

実際に「独居老人」などといって一人暮らしの高齢者が増えているのは、社会性は失うことなく自由気ままに暮らしたいと考える人が増えているからで、若者よりも高齢層の方が孤独を楽しんでいるという現実があります。

④ 孤立が怖い若年層

つながっていたいけど濃密な関係は避けたいと考える風潮は、インターネットが後押しするような形で拡大しています。

若年層がもっとも恐れているのは、イジメ問題でもクローズアップされる「疎外感」。

孤立するのが怖くて周りの人たちとつながってはいたいけど、面倒な人間関係には巻き込まれたくないと考える人が多いのです。

電話で会話するのはプレッシャーがあるけど、メールだったら気持ちを表せる。
実際に会わなくてもSNSでつながっているほうが、楽な関係でいられる。

こうした風潮は、孤独感を楽しんでいるように見えても、人間関係や社会性を拒否しているので、孤立へと移行することがあります。
孤立したくなかったら、自ら積極的に人と接することはしなくても、心の扉は開いておく必要があるのです。
出典
孤独感を楽しむ16のヒント-ネガティブイメージからの脱出方法
https://re-sta.jp/enjoy-loneliness-8350

0コメント

  • 1000 / 1000