私は不得手なことは一切やらず、得意なことだけをやるようにしている。

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。 

本田宗一郎さんの名言集を紹介します。
戦後の日本を代表する経営者・技術者「本田宗一郎」の名言 第3集をお楽しみください。

本田宗一郎の名言3


発明は恋愛と同じです。
苦しいと思えば苦しい。
楽しいと思えば、これほど楽しいことはありません。

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。

私はうちの会社のみんなに、「自分が幸福になるように働け」っていつもいってるんですよ。
会社のためでなく、自分のために働けって。

私はたえず喜びを求めながら生きている。
そのための苦労には、精一杯に耐える努力を惜しまない。

私は不得手なことは一切やらず、得意なことだけをやるようにしている。

会社はつぶれてもいいから、人の真似をするのだけは絶対にいやだ。

人生は「得手に帆をあげて」生きるのが、
最良である。

(人事担当者に対して)
気に入った人間ばかり入れるな。
理解できる人間ばかり入れるな。
それでは、君たち人事担当者以上の人間は採用できない。

私の現在が成功というのなら、それは過去の失敗が土台づくりをしてくれたものだ。
仕事はみんな、失敗の連続である。
私のやったことの99%は失敗だった。 

日本一になろうなどと思うな。
世界一になるんだ!
出典
地球の名言
http://earth-words.org/archives/575

0コメント

  • 1000 / 1000