長期の目標を立てる時、私はわざと自分の能力を超えたところに設定します。 言い換えると、現在の自分の力では達成不可能と思える目標を選択するのです。

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。 

稲盛和夫さんの名言集を紹介します。
もっとも偉大な能力とは、自分自身に打ち克つ能力なのです。

長期の目標を立てる時、私はわざと自分の能力を超えたところに設定します。
言い換えると、現在の自分の力では達成不可能と思える目標を選択するのです。

誰でも、現在自分が持っている能力を考えて、今、何ができて何ができないかという判断はできます。

しかし、新しいことを成し遂げようとする時、それだけでは不充分なのです。

現時点ではとうてい実現不可能だと思えるようなことを、何とか成し遂げようとする努力からのみ、驚くような成果が生み出されるのです。

生涯を通じて打ち込める仕事を持てるかどうかで、人生の幸不幸が決まります。

まず、働く意義を見つけることです。
予期しなかった多くの難問、難題が出てくることでしょう。

それを成功させるためには、自分自身を信じ、強烈な願望を抱いて目標を追い続けなければならないのです。
そうすれば、夢を実現させることができると、私は信じています。

勝算を問われた時、答えに窮するかもしれませんが、それはどうでも良いことです。

創造の世界を司るのは、統計数字ではなく、
それを創り出す人間の情熱と意志なのです。

日本の明治維新でも、またどんな革命でもそうですが、情熱だけが新しい時代を開くことができるのです。

私は長期のビジネス計画は立てません。
今日の仕事がうまくゆくかどうかも、また明日何が起きるかもわからないのに、今から十年先のことなど見通せる訳がないからです。

代わりに、毎日を懸命に生きるよう、自分に言い聞かせています。 

そうすると、明日が見えてくるようになるのです。
そして一日一日の積み重ねが五年後、十年後には、大きな成果を生むことになるのです。

一日一日を懸命に生きれば、未来が開かれてくるのです。
正確に将来を見通すということは、今日を努力して生きることの延長上にしかないのです。
地球の名言
http://earth-words.org/archives/3902

0コメント

  • 1000 / 1000