強い思い、情熱は成功をもたらします。 しかし、それが私利私欲から生じたものであれば、成功は長続きしないでしょう。 

おはようございます。
努力、感謝、笑顔、僕らは今から上り坂!
GIVE AND GIVE ミナジョーです。

ここでは、あなたが夢を叶える為の手助けになる記事を紹介していきます。 

稲盛和夫さんの名言集を紹介します。

京セラ株式会社の創業者として知られる実業家「稲盛和夫」の名言 第2集をお楽しみください。

稲盛和夫の名言集②


常に「原理原則」に基づいて判断し、行動しなければなりません。
常日頃より、原理原則に基づいた判断をしていれば、どんな局面でも迷うことはありません。

「原理原則」に基づくということは、人間社会の道徳、倫理といわれるものを基準として、人間として正しいものを、正しいままに貫いていこうということです。

人間としての道理に基づいた判断であれば、
時間や空間を超えて、どのような状況においてそれは受け入れられるのです。

そのため、正しい判断基準を持っている人は、未知の世界に飛び込んでも決してうろたえたりはしないのです。 

真の革新者たちが新しい世界を切り開き、
開拓することができるのは、彼らが経験豊富であるからではなく、また常識があるからでもありません。
それは彼らが本当に崇高な人間の本質を知っており、基本的な原理原則に基づいて判断を下すからなのです。

情熱と呼べるほどの強い思いさえあれば、
まず何でもやり遂げることができます。
自分自身の成功への情熱と呼べるほどの強い思いが、成功への鍵なのです。

強い思い、情熱は成功をもたらします。
しかし、それが私利私欲から生じたものであれば、成功は長続きしないでしょう。 

人間にとって何が正しいかということに対して鈍感になり、自分だけが良ければよいという方向へ突き進み始めるようになると、はじめは成功をもたらしてくれたその情熱が、やがては失敗の原因にもなるのです。

理想としては、「私利私欲を捨て、世のため人のために」という形の完全に利他的で
純粋な願望を持つことが一番良いことです。

ところが、人間にとって、生きるための私利私欲は自己保存のために不可欠なものなのですから、それを完全に捨て去ることはまず不可能です。

しかし、一方でその利己的な欲望の肥大化を抑制するために、努力することが必要となってくるのです。

せめて、働く目的を「自分のため」から
「集団のため」へと変えるべきです。
利己から利他へと目的を移すことにより、
願望の純粋さが増すことでしょう。
地球の名言
http://earth-words.org/archives/3904

0コメント

  • 1000 / 1000